結婚式の費用を抑えるためのポイント4つ

結婚式費用

「結婚式の費用を抑えたい」

「なるべく安く結婚式を挙げたい」

「結婚式費用を抑えるための具体的な方法を知りたい」

こんな疑問を解決できる記事になっています。

本記事の内容

・結婚式の予算と費用がかかる項目

・結婚式の費用を抑えるためのポイント4つ

結婚式を挙げると決めたはいいけど、実際はこんなに高いのと驚いている方も多いのではないでしょうか。

一生に一度のお金がかかるイベントとはいえ、結婚式の費用は少しでも安く抑えたいですよね。

そこで今回は、結婚式の費用を抑えるためのポイント4つをご紹介します。記事の前半では、結婚式で予算のかかる項目を紹介し、記事の後半では結婚式の費用を抑えるためのポイントを解説します。

僕自身もこれから紹介する方法を実践したことで、結婚式の費用を抑えることができました。

この記事を読めば、結婚式準備での予算の心配が少しは軽減すると思います。

結婚式の予算はどのくらい?

結婚式の予算はどのくらい

みんなのウェディングが行ったアンケートによれば、結婚式の総額費用は平均316万円です(招待者数によって変動あり)。

この数字を高いとみるか低いとみるかは人それぞれですが、僕自身はとても高いと思います。300万円もあれば車が1台買えちゃいますね。

相当なお金持ちでない限り、何百万円というお金を一度に払える人はなかなかいないでしょう。

これだけお金がかかるイベントなので、少しでも予算は抑えたいところです。

結婚式で費用のかかるものって?

結婚式で費用のかかるものって

では、結婚式では何にそんなにお金がかかるのかが気になりますよね。

ここでは、大きく4つの項目をご紹介します。

挙式

人前式や神前式などの挙式にかかる費用です。

式場や挙式スタイルによって異なりますが、おおよその相場は15万円〜20万円でしょうか。

僕らの場合は、挙式料は20万でした。

料理・ドリンク

結婚披露宴でゲストに振る舞われる料理とドリンクです。

ランクやグレードによりますが、料理が一人当たり1万円〜2万円、ドリンクが一人当たり3千円〜5千円です。

僕らの場合、料理が1万5千円、ドリンクが3千円で、一人当たり計1万8千円でした。

衣装

結婚式で一番お金がかかるのが衣装代といってもいいでしょう。

新郎のタキシードは10万円前後、新婦のウェディングドレスやカラードレスは1着で20万〜30万ですかね。

僕らの場合、衣装代はプランに含まれていましたが、それでも2人合わせて60万近くになりました。

写真・ムービー

写真やムービーといっても、データだけもらうのか、アルバムにしてもらうのかなど、その内容によって大きく相場は異なります。

スナップ写真で10万円〜、ビデオ撮影10万円〜といったところでしょうか。

僕らの場合、準備から挙式から披露宴終了までカメラマンがずっと撮影してくれて、後日アルバム付きで25万円ほどでした。ムービー作成は式場には頼んでいません。

結婚式の費用を抑えるためのポイント4つ

結婚式で費用を抑えるためのポイント4つ

ではここからは、結婚式の費用を抑えるための4つのポイントをご紹介します。

・時期や日取り、時間帯を考慮する

・プランや特典を利用する

・持ち込みを活用する

・クレジットカードが利用可能か確認する

1つずつ詳しく解説していきます。

時期や日取り、時間帯を考慮する

結婚式では人気のシーズンや時間帯があります。

季節的には春や秋、日取りは大安や友引、時間帯は土曜の昼間〜夕方が人気です。

これらの人気時期を外すと、会場によっては特別価格を用意している会場があります。

式場見学の際に、時期やお日柄で料金に違いがないか確認してみることをオススメします。

時期やお日柄に特別なこだわりがなければ、費用を抑えるために安い日程を狙ってみましょう。

プランや特典を利用する

結婚式場によっては、条件を設定して様々なプランや特典を設定しています。

  • ◯月限定割引(時期によって安くなる)
  • お日柄割引(仏滅などのお日柄で安くなる)
  • 平日割引(平日に式を挙げると安くなる)
  • ナイトウェディングプラン(開始時間を夜にすると安くなる)

などが例として挙げられます。

また、結婚式場サイトから申込をして割引や特典などのプランもあります。

こちらも、式場見学に行ったときに確認してみると良いでしょう。

ちなみに僕たちは、6月挙式限定プラン50人で150万というプランを利用しました。

持ち込みを活用する

持ち込みができるものは積極的に活用しましょう。

ただし、式場によって持ち込み料が取られ、かえって高くなる場合もあるので、事前に必ず確認が必要です。

持ち込めそうな物としては、招待状・席次表・ムービー等があげられます。

式場に依頼すると、安心できる・手間がかからないというメリットがあります。しかし、その分料金は高めに設定されていることが多いです。

持ち込みを上手に活用すれば、10万円程度は節約できると思います。

クレジットカードが利用可能か確認する

支払いでクレジットカードが利用できるかも確認しておきましょう。

クレジットカードを使うことで割引にはなりませんが、たくさんのポイントが付いたり、特典が受けられるものもあります。

100円で1ポイント付くと仮定すれば、300万円であれば3万ポイント付きます。3万円あれば、新婚旅行での宿泊代くらいにはなるでしょう。

クレジットカードが使えるのであれば、利用したほうがお得になります。

カードが利用可能かどうかとあわせて、利用上限額についても確認しましょう。

結婚式の費用を抑えるためのポイントまとめ

結婚式の費用を抑えるためにまとめ

結婚式の費用を抑えるためのポイントについて紹介してきました。

もう一度、おさらいします。

結婚式の費用を抑えるためのポイント4つ

・時期や日取り、時間帯を考慮する

・プランや特典を利用する

・持ち込みを活用する

・クレジットカードが利用可能か確認する

この記事を参考に、結婚式の費用を見直してみて、少しでも安く結婚式を挙げられる人がいれば嬉しいです。