同棲生活で決めておくべきルールって?【僕たちのルール7つを紹介】

同棲 ルール アイキャッチ 同棲生活
カップル

・同棲でのルールって作ったほうがいいの?

・同棲で決めておいたいいルールってどんなものがある?

こんな疑問を解決できる記事になっています。

 

本記事の内容

同棲生活でルールは必要?

同棲生活のルール7つ【僕たちの場合】

 

この記事を書いている人

 

同棲を始めると、お互いの価値観の違いに驚くことも多いです。

そんなときに2人で決めたルールがあれば、喧嘩も防げるでしょう。でも、同棲のルールを決めるのって難しいですよね。

そこでこの記事では、結婚前に2年間の同棲生活をした僕が、実際に決めた同棲生活でのルール7つを紹介します。

これから同棲生活を始める方、現在同棲中の方もぜひ参考にして、ぜひ楽しい同棲生活を送ってくださいね。

 




 

同棲生活でルールは必要?

 

そもそも同棲生活をするのにルールは必要なのでしょうか?

結論は「最低限のルールはあったほうがいい」です。

ルールがあったほうが生活しやすい、ないほうが気楽など、それぞれのカップルに合ったやり方があります。

 

ぴーこ

僕たちは、最低限のルールを定めていました。2人で話し合い、きっちりルールにすると逆に窮屈になると思ったからです。

 

ルールを作る・作らない、それぞれにメリット・デメリットがあります。

同棲生活のルールを作ったほうがいいのか、まずはパートナーとよく話し合ってみましょう

 

同棲生活のルール7つ【僕たちの場合】

 

では、実際に僕たちが同棲生活で決めていたルールを紹介します。

 

僕たちの同棲生活のルール7つ

  1. 家事を分担する
  2. ご飯は一緒に食べる
  3. 2人で話し合う時間を作る
  4. 1人の時間も作る
  5. 2人で使うものは相談してから買う
  6. スケジュールをおおまかに共有する
  7. 喧嘩したらその日のうちに仲直りをする

 

上記の7つです。

これらのルールは同棲生活を始める前に決めたわけではなく、同棲生活をしていくなかで決まっていきました

1つずつ順番に解説してきます。

 

ルール1:家事を分担する

 

まず1つ目のルールは、家事を分担することです。

2人で生活しているのであれば、2人で分担して家事をやるのは当然のことだと思います。

 

ぴーこ

僕自身、1人暮らしをしていた頃は、わりと雑に家事をしていました。でも、同棲を始めてからは、全て彼女にやらってもらうのは申し訳ないと思い、できる範囲でやっていました。

 

「相手にやってもらってあたりまえ」は同棲生活だけでなく、後の結婚生活にも影響を与えます。

家事を分担して、2人で協力して行うほうがいいでしょう。

家事の分担については、【これでうまくいった】同棲中の家事分担方法を紹介で解説しています。

 

ルール2:ご飯は一緒に食べる

 

なるべく、ご飯は一緒に食べるようにしていました(結婚した今もそうです)。

お互い別々の仕事をしていると日中は一緒にいる時間がとれません。

そのため、せめてご飯のときくらいは一緒に楽しく食べようと決めました

 

ぴーこ

その日の出来事や普段思っていることなどを話しながら、楽しく食事をする時間はとても楽しいです。

 

ルール3:2人で話し合う時間を作る

 

2人で話し合う時間を作っていました

同棲を始めると、常に一緒にいるので「今じゃなくてもでもいいや」と、2人で話す時間を後回しにしがちです。

それゆえ、意識的に時間を作らないと、お互いにじっくり話す機会がありません。

一緒にいるからこそ、しっかりと2人の時間をとるのが大切です。

 

ぴーこ

毎週日曜日に30分は2人で話す時間を作る、毎日寝る前の5分だけは話す、などと時間や曜日を決めるのがオススメです。

 

ルール4:1人の時間も作る

 

2人の時間を取るだけでなく、お互いに1人の時間も確保していました

なぜなら、1人の時間がないのは、意外とストレスになるからです。

 

ぴーこ

同棲を始める前は「2人で一緒にいる時間が長くなる」と喜んでいましたが、実際始めてみると「1人の時間が足りない」と思うようになりました。笑

 

2人で一緒にいれる時間が長くなる一方で、自分と向き合う時間が減ってしまいます。

意識して1人の時間も作ったほうがいいでしょう。

 

ルール5:2人で使うものは相談してから買う

 

生活用品などの2人で使うものは、勝手に買わずに2人で相談してから買っていました。

もし、自分も使うものをパートナーが勝手に買ってきて、使い心地が悪かったら嫌ですよね。

もしそれが、2人のお金で買ったものであればなおさらです。

2人で使うものだからこそ、買う前に「これでどうかな?」と相談してみましょう

 

ルール6:スケジュールをおおまかに共有する

 

お互いのスケジュールをおおまかに共有することも大切です。

詳細に伝える必要はないかもしれませんが、相手が今どこで何をしているのか、何時に帰ってくるのか、くらいは知っておきたいですよね。

とはいえ、相手を束縛しすぎたりするのは、お互いにストレスになってしまいます

 

「今週土曜日の17:00から1時間くらい友達と会ってくる。18:30には帰るよ」


上記のように、おおまかにスケジュールを共有するのがオススメです。

 

ルール7:喧嘩したらその日のうちに仲直りをする

 

同棲生活を始めると、同棲前に比べて喧嘩も増えると思います(僕もそうでした)。

一緒にいる時間が長くなるぶん、当然といえば当然のこと。

しかし、喧嘩をしたときは翌日に持ち越さずに、必ずその日のうちに仲直りをするルールにしていました。

喧嘩したまま朝を迎えて、険悪なムードで1日をスタートさせたくはないですよね。

喧嘩をしても、その日のうちに仲直りしたほうがいいでしょう

 

幸せな同棲生活を送るにはルールに縛られないことも大事

 

以上、同棲生活のルールについて解説してきました。

 

僕たちの同棲生活のルール7つ

  1. 家事を分担する
  2. ご飯は一緒に食べる
  3. 2人で話し合う時間を作る
  4. 1人の時間も作る
  5. 2人で使うものは相談してから買う
  6. スケジュールをおおまかに共有する
  7. 喧嘩したらその日のうちに仲直りをする

 

ぶっちゃけ、同棲生活にルールが必要かどうかはカップルによります

最低限のルールはあったほうがいいですが、それに縛られすぎると自分達を苦しめてしまうことにもなります。

同棲生活のルールがあったほうがいいか、まずはパートナーとよく話し合ってみましょう

同棲をするのに話し合っておいた方がいいことも下記の記事にまとめているので、参考にてください。

 

同棲前の確認事項【同棲したいカップルのチェックリスト18個】