【ニオイ漏れ対策バッチリ】Ubbiおむつペールを本音レビュー【オススメのおむつ用ゴミ箱】

子育て用品

パパママ

・オムツが臭うのってどうにかならないの?

・オススメのオムツ用ゴミ箱が知りたい。

こんな疑問を解決できる記事になっています。

 

本記事の内容

【結論】Ubbiでオムツのニオイ問題が解消された

Ubbiおむつペールってどんなもの?【基本スペック】

Ubbiおむつペールのデメリット3つ・メリット5つ

Ubbiおむつペールの口コミ・評判

Ubbiおむつペールはこんな人にオススメ

 

この記事を書いている人

 

子育てしてて1つの悩みの種が、オムツのニオイ問題ではないでしょうか?

それを解決するのが、Ubbiのおむつペールです。

 

 

長男が産まれてからしばらくは、コンビのPoi-Techを使っていました。

しかし、ニオイ漏れと定期的にカートリッジを買わなければならないコスパの悪さから、途中でUbbiおむつペールに切り替えました。

結論、Ubbiでオムツのニオイ問題が解決しました。

本記事では、Ubbiを1年間使い続けたリアルな感想を、デメリットや口コミなども交えて紹介します。

オムツ用のゴミ箱を購入しようと考えているプレパパママさん、現在臭い漏れなどが気になるパパママさんは、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

【結論】Ubbiでオムツのニオイ問題が解消された

【結論】Ubbiでオムツのゴミ問題が解消された

 

まず、この記事の結論からお伝えすると、Ubbiはオムツのニオイ問題を解決してくれます

 

・普通に置いててもニオイが漏れない

・子ども2人分のオムツが入る

・市販のゴミ袋やスーパーのビニール袋でも使えるので、カートリッジ(専用のゴミ袋)を買わなくて済む

 

上記のような点から、Ubbiは買って良かった育児用品の1つです。

我が家でも、愛用しているUbbiおむつペールについて紹介したいと思います。

 

Ubbiおむつペールってどんなもの?【基本スペック】

 

Ubbiは、臭い漏れをブロックする、おむつペールです。

基本スペックは以下の通り。

サイズ 約幅24.5cm×奥行35cm×高さ55cm
重量 ‎2.3 kg
素材 ‎スチール・ABS樹脂・シリコン
容量 新生児用で58個、年長者用で23個

 

実際の大きさはこんな感じです。

 

 

Ubbiおむつペールのデメリット3つ

Ubbiのデメリット3つ

 

次に、1年使ってみてわかった、Ubbiのデメリットを紹介します。

 

Ubbiのデメリット3つ

  1. 他のオムツゴミ箱よりも価格が高い
  2. 開けた瞬間は臭い
  3. 定期的に洗う必要がある

 

 

1つずつ解説していきますね。

 

デメリット①:他のオムツゴミ箱よりも価格が高い

 

Ubbiは、他のオムツ用ゴミ箱よりも価格が高いです。

他のオムツ用ゴミ箱が3,000円前後なのに対して、Ubbiは8,000円前後。

とはいえ、他のオムツ用ゴミ箱だと専用のカートリッジを買わなければならないので、その分費用がかかります。

 

Ubbiは、市販のゴミ袋を使えるので、長い目でみるとUbbiのほうがコスパが良いですね。

 

デメリット②:開けた瞬間は臭い

 

普段、置いておくのにニオイはしませんが、ゴミを捨てる時に開けた瞬間はニオイがします

とはいえ、交換時のニオイ漏れは、どのオムツゴミ箱でも避けられないものです。

 

ぴーこ

こればっかりはしょうがないので、息を止めてやっています。笑

 

デメリット③:定期的に洗う必要がある

 

ニオイ漏れは防げますが、ずっと使っているとUbbi本体にはニオイが染み着いてきます。

そのため、定期的に洗う必要があります

 

ぴーこ

我が家では、2ヶ月に1回は、お風呂場に持って行きスポンジで洗っています。

 

洗うのは面倒ですが、毎日の作業ではないので、ちょっと頑張ればOKです。

とはいえ、Ubbiはパウダーコーティングされたスチール製なので、プラスチックでできている他製品に比べればニオイが染み着きにくいです。

 

Ubbiおむつペールのメリット5つ

Ubbiのメリット5つ

 

次に、Ubbiのメリットを紹介します。

 

Ubbiのメリット5つ

  1. ニオイが外に漏れにくい
  2. 市販のゴミ袋でもOK
  3. 容量が大きい
  4. チャイルドロック機能がある
  5. デザインがおしゃれ

 

 

1つずつ解説していきます。

 

メリット①:ニオイが外に漏れにくい

 

繰り返しになりますが、一番のメリットは「オムツのニオイが外に漏れないこと」です。

 

 

外蓋の隙間と内側の両方にゴムパッキンがついているので、ニオイ漏れをブロックしてくれます。

オムツを捨てる時は、スライド式のフタで空気の流れを最小限にできるので、ニオイが充満する心配もありません。

 

ぴーこ

我が家ではUbbiをリビングに置いていますが、全く臭いが気にならずに生活できています。

 

メリット②:市販のゴミ袋でもOK

 

Ubbiは市販のゴミ袋をセットするだけでOK

 

 

ゴミ袋のセットは、輪っかに通すだけでセット完了です。

専用のカートリッジを付け替える面倒な作業も不要。

 

また、市販のゴミ袋が使える分、カートリッジ代もかからないので、かなり経済的です。

我が家では「オムツが臭わない袋」を使っています。

 

メリット③:容量が大きい

 

Ubbiは容量も大きいです。

商品説明には「新生児用58個、年長者用23個」と記載されています。

個数は数えていませんが、週2回の燃えるごみの日に捨てれば問題ないくらいの容量はあります。

 

ぴーこ

我が家の場合の体感ですが、長男・次男の2人分(それぞれLサイズ、Sサイズ)で4日間は入ります

<

 

メリット④:チャイルドロック機能がある

 

オムツ用のゴミ箱が子どもの視界に入ると、気になって触ってしまうことも。

Ubbiにはチャイルドロック機能がついているので、子どもには簡単に開けられません。

 

 

ロックのON/OFFの切り替えは、上記の鍵マークをひねるだけなので、とっても簡単です。

 

メリット⑤:デザインがおしゃれ

 

デザインがおしゃれなのも、嬉しいポイント。

 

 

あまりゴミ箱感がないので、ゴミ箱とは気づかれにくいです。

他のインテリアにもマッチするので、リビングにも問題なく置いておけます。

 

Ubbiおむつペールの口コミ・評判

Ubbiの口コミ・評判

 

Ubbiの口コミをTwitterとamazonで調べてみました。

 

悪い口コミ・評判

 

悪い口コミ・評判をまとめてみました。

 

amazonの口コミ

臭いは確かに漏れない。
でもスライド式の蓋がよく開かなくなる。
ロックがかかっているわけでもないのに。一度ロックをして、戻すと開くけれど、よく使うだけに不便でイライラすることもある。
個体差があるとすれば我が家のはハズレかも。

 

密封性は問題なく匂いは漏れないです。ただし片手で開閉しづらい、ゴミ袋入れ替え時の蓋の開閉が固くとっても短いのでやり辛いので作業性が悪い。

 

 

Twitterの口コミ

 

 

 

ぴーこ

価格の高さ、使い勝手の悪さ、ゴミ箱自体に臭いがついてしまうという意見が多いです。

 

良い口コミ・評判

 

良い口コミ・評判をまとめてみました。

 

amazonの口コミ

匂い全く漏れません。見た目もシンプルで気に入っています。少々高い気もしますが買ってよかったです。

 

オムツがたっぷり入って匂いもあまり漏れず オムツ以外でも使えそう。どこに置いてあっても違和感ないです。

 

Twitterの口コミ

 

 

 

 

 

 

 

ぴーこ

臭い漏れしない、市販のゴミ袋も使える、見た目・デザインが良いという口コミが多かったです。

 

Ubbiおむつペールはこんな人にオススメ

Ubbiはこんな人にオススメ

 

Ubbiはこんな人にオススメです。

  • とにかくニオイが気になる
  • コスパ重視
  • リビングに置きたい
  • 週2回ゴミ出しできる
  • アパート暮らし

 

Ubbiの最大の特徴は「ニオイ漏れ対策」なので、ニオイ問題を解消したいパパママには、もってこいの商品ですね。

 

まとめ:おむつ用ゴミ箱にUbbiおむつペールは最適

 

今回は、我が家でも大活躍している、オムツ用ゴミ箱「Ubbiおむつペール」を紹介してきました。

 

Ubbiのデメリット3つ

  1. 他のオムツゴミ箱よりも価格が高い
  2. 開けた瞬間は臭い
  3. 定期的に洗う必要がある

 

 

Ubbiのメリット5つ

  1. ニオイが外に漏れにくい
  2. 市販のゴミ袋でもOK
  3. 容量が大きい
  4. チャイルドロック機能がある
  5. デザインがおしゃれ

 

 

Ubbiをオススメする人

  • とにかくニオイが気になる
  • コスパ重視
  • リビングに置きたい
  • 週2回ゴミ出しできる
  • アパート暮らし

 

 

繰り返しになりますが、Ubbiはオムツのニオイ漏れ問題を解消してくれるアイテムです。

他の製品に比べて値段は少しお高めですが、それ以上にメリットがあり、買って大正解でした。

オムツ用ゴミ箱の購入を考えている方は、ぜひ検討してみてくださいね。