結婚式準備で喧嘩を最小限にするための対策法4選

結婚式準備

「結婚式準備で喧嘩したくない」

「どうすれば結婚式準備を仲良く進められるかを知りたい」

「結婚式準備で喧嘩しないためにはどうすればいいの」

こんな疑問を解決できる記事になっています。

本記事の内容

・結婚式準備の喧嘩の原因2つ

・結婚式準備で喧嘩になりやすい項目3つ

・結婚式準備で喧嘩を最小限にする対策法4つ

結婚式準備では、2人で一つの結論を出さなければならず、喧嘩があっても当然です。とはいえ、結婚式準備でできるだけ喧嘩はしたくないもの。仲良く楽しく結婚式準備を進めていきたいですよね。

そこで今回は、結婚式準備で喧嘩しないための対策法を解説します。記事の前半では、喧嘩の原因や喧嘩になりやすい項目を解説し、記事の後半では、喧嘩しないための対策法をご紹介します。

これから紹介する方法を実践したことで、僕は妻と喧嘩を最小限に押さえて、結婚式準備を進めることができました。

この記事を読めば、結婚式準備で喧嘩しないための対策法がわかり、楽しく結婚式準備を進めることができるでしょう。

これから結婚式準備を控えている方はぜひご一読ください。

結婚式準備の喧嘩の原因は2つ

誰しも結婚式準備で喧嘩はしたくないもの。

しかし、ふとしたことから喧嘩に発展してしまうことがあります。

結婚式準備における喧嘩の原因は大きく分けて2つあります。

・任せきりになっている

・両家の考え方の違い

それぞれ解説しますね。

任せっきりになっている

喧嘩の原因として多いのが、結婚式準備をどちらか一方に任せっきりになっている場合です。

特に男性の場合、あまり結婚式準備に乗り気でなく、ついつい嫁任せになっている方も多いのではないでしょうか。

それが続くと、「なんでやってくれないの」という不満が募ります。

この結婚式準備に対する考え方の違いが喧嘩の原因になります。

2人で協力して準備を進めていくというお互いの意識が大切です。

両家の考え方の違い

喧嘩の原因としてもう一つ考えられるのが、「両家の考え方の違い」です。

結婚は、夫婦間では収まらず、両家の風習の違いなども考慮しなければなりません。

結婚したとはいえ、夫婦間でお互いに違う環境で生きてきたわけなので、考え方や意見が異なるのは当然です。

お互いの親の意見を聞いておき、両家の意見を取り入れて、2人で共有して準備を進めていくことが大切です。

結婚式準備で喧嘩になりやすい項目3つ

結婚式準備で喧嘩になりやすい項目は3つあります。

・お金

・式場選び

・演出

それぞれ解説しますね。

お金

結婚式において、一番揉めやすい項目は「お金」です。

地域による差や、両家のお金に対する考え方の違いが揉め事になります。

結婚式のお金のことが後々の両家の関係性に悪影響を及ぼすことも考えられるので、慎重に進めていきたいものです。

結婚式を挙げようと決めた時点で、まずは夫婦でお金をどうするかを話し合っておきましょう。2人の金銭感覚をすり合せておくことが大切です。

細かいところは後回しにしてもいいので、ざっくりと分担する割合などを決めておくと良いでしょう。

式場選び

結婚式場を選ぶときに、お互いがイメージする結婚式が異なれば、どの式場にするかで喧嘩に発展します。

新郎は「落ち着いた感じの式場が良い」というのに対し、新婦が「キラキラした高級感のある式場が良い」といえば、いざ式場を探すときに揉めてしまいます。

まずは、お互いの結婚式のイメージとどういう式場がいいのかを事前に話し合ってみましょう。

ちなみに式場選びについては、結婚式場見学で見るべきポイント8選【6つの式場見学に行った僕が解説】にて詳しく解説しています。

演出

演出も揉めやすい項目の1つです。

「ウェディングケーキはこうしたい」「ドレスは絶対に何色を着たい」など、新婦としてはやりたい演出がたくさんあるのに対して、新郎は「これはしなくてもいい」などと考えることが多いでしょう。

この演出に対する考え方で喧嘩につながります。

演出についても、最初の段階でお互いにやりたいことや譲れない部分を決めておくと良いでしょう。

結婚式準備で喧嘩を最小限にするための対策法4選

結婚式準備での喧嘩を完全にゼロにすることは難しいかもしれません。

しかし、対策をすることで喧嘩を最小限にして、2人で楽しく結婚式準備を進めていくことは可能だと思います。

結婚式準備で喧嘩を最小限にする4つの対策をお伝えします。

・タスクを管理する

・お互いに褒める

・定期的に話し合う時間を作る

・完璧を目指さない

1つずつ解説します。

タスクを管理する

結婚式準備はやることや準備するものなどがとにかくたくさんあります。

そのため、しっかりとタスクを管理して、準備を進めていくことが重要です。

具体的には、「何を・いつまで・誰が」やるのかを決めて、役割分担を決めて取り組んでいきましょう。

結婚式で準備するものややることについては、【必読】結婚式で準備するもの・やることを全て公開で、リスト化しています。

お互いに褒める

タスクが完了したら、お互いに褒めてあげましょう。

できないことばかりに目がいくと、お互いにネガティブ思考になってしまい、喧嘩に発展してしまいます。

お互いに相手がやったことに対しては、しっかりと褒めて、「ありがとう」と感謝を伝えましょう。

褒められて嫌な人はいません。褒められることで次の準備のモチベーションアップにもつながります。

定期的に話し合う時間を作る

定期的な話し合う場、いわゆる「ミーティング」の機会を設けることは、喧嘩を減らすうえでは重要です。

僕たちは、週に1回15分程の時間を取って、2人で進捗状況を確認していました。

できていること・できていいないことを整理して、これからの予定を確認することで、次にやるタスクが明確になります。

「毎週◯曜日の夜に15分程度話し合う」などと2人でルールを決めるといいかもしれませんね。

定期的に話し合う時間を作ることをオススメします。

完璧を目指さない

結婚式準備において、完璧を目指すとお互いにパンクしてしまいます。

多少は手を抜くところがあっても大丈夫です。

もちろん、お金や人数など数字が絡むもので、間違えられないものはあるでしょう。

しかし、全部の準備に全力を注いでいては、お互いに持ちません。

完璧を求めすぎず、気楽に取り組みましょう。

結婚式準備で喧嘩を最小限にする対策法まとめ

結婚式準備で喧嘩を最小限にする方法について解説してきました。

内容を簡単にまとめます。

結婚式準備で喧嘩しないための対策法4選

・タスクを管理する

・お互いに褒める

・定期的に話し合う時間を作る

・完璧を目指さない

僕は、結婚式場が決まってから式当日まで約4ヶ月でした。結婚式準備は、一般的に半年以上かかると言われていますが、僕たちは2人で協力して進めることができました。

もちろん喧嘩もしましたが、それ以上に妻とより仲良くなれたという気持ちのほうが大きかったです。

結婚式準備をスムーズに進めるためには、結婚式をやると決めた時点で、事前にしっかりと話し合うことが大切です。

しっかりと2人で話し合って、結婚式準備を進めていきましょう。